第4次産業革命における再グローバリゼーション (2)

グローバリゼーションによる社会における不安定な人々の蔓延は、貿易自由化に起因しています。グローバリゼーションと脱グローバリゼーションの間の戦争は、再グローバリゼーションの妥協を目指す必要性を浮き彫りにしています。

ドイツが2011年に「インダストリ4.0」というコンセプトを導入したとき、第4次産業革命の意義とその社会経済的影響を実感したエコノミストはほとんどいませんでした。近年、人工知能、ロボット、物事のインターネット、自律型車両、3D印刷、量子コンピューティング、ナノテクノロジーなどの新技術分野における技術革新は、社会の経済生活に影響を与え始めています。

2011年にドイツがコンセプト「インダストリー4.0」を導入したとき、第4次産業革命の意義と社会経済的インパクトを実感したエコノミストはほとんどいなかった。近年、人工知能、ロボット、物事のインターネット、自律型車両、3D印刷、量子コンピューティング、ナノテクノロジーなどの新技術分野における技術革新は、社会の経済生活に影響を与え始めています。

第4次産業革命は、これまでの3つの産業革命と根本的に異なっています。初期の産業革命は、主に専門分野における技術の進歩によって特徴づけられ、第4次産業革命は、ウェブを通したつながりによって特徴付けられました。異なる分野における科学的進歩の結びつきは、企業や組織の効率を大幅に向上させます。

第4次産業革命は、社会の生産性を大幅に向上させます。しかし、進歩が現在の形で多くの雇用を脅かすこともますます明らかになっています。カール・フレイとマイケル・オズボーン、雇用の未来のことで有名な2013年の研究では、米国の雇用総額の47%が新技術の下で危険にさらされていると指摘しました。

最近の最高の囲碁プレーヤー・アルファゴーの勝利は、近年の人工知能の進歩を示しています。

多くの国で自律走行車を試乗することは、社会にとっては、ドライバーの職種が次の1?20年で深刻なダウンサイジングに直面する可能性があることを思い起こさせるものです。1ミリ秒の待ち時間を持つ2020年代に導入された5Gは、すぐにリモートで多くのサイトクリティカルな機能を実行できることを意味しています。製造業からサービス業への労働力移転のおかげで、世界は第2次から第3次産業革命にスムーズに移行しましたが、今日の移行は、労働力の多くを雇用するサービス部門が直面しており、 機械交換と今日の技術移転時間ははるかに短いです。

機械労働による人間の代替は、将来の多くの職種で技術的に実現可能になるでしょう。また、第4次産業革命の急速な技術開発によって、再グローバリゼーションの中心にある所得分配、不平等、労働市場ストレスの問題は複雑になることでしょう。。

再グローバリゼーションを推し進めることは、第4次産業革命による雇用市場の衰退をめぐる政治的および社会的問題ではありません。加速する第4次産業革命は、物品の製造方法だけでなく、サービスがどのように実行されて納品されるかの方法を変え、現在の反グローバリゼーション推進の基礎となる先進国の労働市場ストレスはますます激化するでしょう。世界経済システムにおける各国の挑戦には多くの経済的不確実性があり、多くの国で不確実な政治的景観が再グローバリゼーションのプロセスに影響を与えます。政策立案者は、可能な技術進化を理解し、職種の陳腐化の課題に対応するために彼らの経済・社会政策を校正しなければなりません。世界中の政策立案者にとって難しい課題が目の前に立ちはだかっています。

第4次産業革命における再グローバリゼーション (1)

ドナルド・トランプ米国大統領の就任から4ヶ月間、フランス大統領としてのエマニュエル・マクロンの説得力のある選挙勝利は、グローバリゼーションの未来を心配しているエコノミストたちへ救済の瞬間を与えています。

当初4カ月間、トランプ大統領は、中国の輸入に対する45%の義務の課徴金やNAFTAからの米国の撤退など、最も関心の高い経済問題について論争を呼び起こす選挙の際の誇張には触れませんでした。しかし、彼は、太平洋横断パートナーシップ(TPP)からの米国の撤退、NAFTAの再交渉の開始、APECやG20の自由貿易協定などの多国間フォーラムにおける自由貿易のための米国の支援の宣言を阻止するなど、より破壊的ではない措置にコミットし続けました。彼が世界の大統領ではなく、米国の大統領だけであるというトランプ大統領の宣言は、真剣に受け止められています。

米国が今後の貿易交渉において、多国間貿易協定を二国間に頼る新たな米国貿易代表部ロバート・ライトヒャー氏の発言は、米国が多角的自由貿易協定の戦後リーダーシップから後退しているという多くの見解を強め、国はグローバリゼーションにおける役割を再評価しているということです。

フランス大統領としてのマリネ・ルペンに対するエマニュエル・マクロンの選挙では、米国の選挙以来のグローバリゼーションに対する暗がりは幾分緩和されました。2070万対1060万票という結果は、欧州におけるグローバリゼーションの支持が依然として高いことを示しています。

トランプ大統領の反グローバリゼーション大統領は、第二次世界大戦後も着実に発展してきたグローバリゼーションをただちに取り戻すことはできず、容易に逆転することはできません。すべての国はグローバリゼーションの過程で恩恵を受けており、国間の経済的相互依存関係は深刻であり、いかなる離脱も国を深刻な不況に容易に突き当てる可能性があるからです。懸念されるのは、トランプ大統領が長期的に米国を全面的に再編成し、結果として脱グローバル化に転じるかどうかです。

グローバリゼーションによってもたらされる経済的利益は、世界を脱グローバリゼーションに移行させないことですが、国内の政治的現実は多くの国にグローバリゼーション政策の再較正を強いるでしょう。また、1980年代以降の所得分配の問題と2008年の世界的な金融危機後の労働市場の苦境は、大西洋を横断する反グローバリゼーション派の政治家の登場の背景にある2つの重要な理由であることはよく知られています。

比較的良好な社会的安全ネットワークを提供する国の人々は、よりグローバリゼーションに有利であることに留意すべきでしょう。トランプ大統領の就任演説は、グローバリゼーションの問題が利益の不均等な分配であるという彼の信念を反映しています。彼によると、グローバリゼーションは相互利益をもたらすのではなく、「国の富と強さと自信が水平線上で消えている間に、他国を豊かにした」ものであるということです。こうして、彼は海外から仕事、ビジネス、資本を取り戻すことを約束しました。

TDK、APEC 2017で新しい電力ソリューションを展示

TDK Corporationは、APEC 2017ブース601にいくつかの新しい電源ソリューションを発表する予定です。

TDKはAPEC 2017、ブース601で新しいパワーソリューションを展示しました。
大手エレクトロニクス企業の新製品は、電力および電子システムを設計し、革新を加速し、自動車(例えば、電気自動車(EV)/ハイブリッド(HEV))、産業(例えば、ロボット工学および自動製造)、グリーン/再生可能エネルギー、および医療産業の進歩を促進する技術者のために開発されました。

TDK製品のハイライトは次のとおりです。

自動車用多層セラミックコンデンサ:CGAシリーズのTDK C0G / 1000V MLCCSは自動車用グレードであり、安定したコンデンサ性能を必要とする高出力回路に最適です。

低DCRの薄型ロープロファイルパワーインダクタ:TDK TFM-ALCシリーズは、ポータブル電源アプリケーションに最適な広範な出力電流範囲で高い効率を持ち、より厳しい電力損失要件とともにポータブル電源回路のスペース制限を拡大するソリューションを提供します。

ヘリカル巻線パワーインダクタ:SMTロープロファイルパワーインダクタの拡張EPCOS ERUシリーズには、新しい16mmおよび19mmインダクタ、ならびに13mm、20mmおよび25mmを含む既存の製品タイプが含まれます。これらは高出力産業用アプリケーションに適しています。 AEC-Q200にはいくつかのサイズがあります。

DCリンク・コンデンサ:これらのEPCOSパワー・コンデンサは、より高い効率のためにバス電圧が高い新世代の半導体スイッチング・デバイスの厳しい要求を満たすように設計されています。 400V〜1200Vの範囲で電力変換を行う自動車設計エンジニアにとっては、PCC B25655シリーズが理想的です。低ESRとコンパクトな寸法を特長とし、市場で最も小さいものの1つです。

CeraLink TM セラミック・コンデンサ:薄型でコンパクトなSMD(LP)シリーズのTDK CeraLinkコンデンサは、電圧900V、容量0.25μFでご利用いただけます。新しいコンデンサは、500V DC(1μF)と700V DC(0.5μF)のタイプを含む既存のLPポートフォリオを補完します。寄生効果が小さいCeraLinkコンデンサは、GaNやSiCなどの高速スイッチング半導体をベースにしたコンバータトポロジに最適です。

アルミ電解コンデンサ:EPCOSの高性能ネジ端子タイプのアルミ電解コンデンサは、従来の同サイズのシリーズよりも40%高いリップル電流能力を備えています。このシリーズは、産業用アプリケーション、周波数変換器、プロ用電源、風力エネルギー、無停電電源などに最適です。

QM7シリーズ電源:TDK-Lambdaは、1500Wモジュール電源のQM7シリーズを発表しています。彼らは現在、そのパワークラスの市場で最も低い音響ノイズを生成しています。完全な医療用MoPP分離と医療用およびITE安全用の認証の両方を備えたこのシリーズは、医療機器、テスト、計測、産業/工場の自動化など、多くの市場のニーズを満たします。

株式会社TDKについて
TDK Corporationは日本の東京に本拠を置くエレクトロニクスの大手企業です。 1935年に設立され、電子および磁気製品の重要な材料であるフェライトを商品化しました。 TDKのポートフォリオには、製品ブランドTDKおよびEPCOS、電源、磁気アプリケーション製品、エネルギーデバイス、フラッシュメモリアプリケーションデバイスなどで販売されている電子部品、モジュールおよびシステム*が含まれます。 TDKは、情報通信技術、消費者、自動車および産業用エレクトロニクスの分野における厳しい市場に焦点を当てています。同社は、アジア、ヨーロッパ、北米、南米に設計、製造、販売のネットワークを持っています。 2016年度には、売上高は102億米ドル、全世界で約92,000人の従業員を雇用しました。

第4次産業革命は労働問題を引き起こす

第4次産業革命(4IR)は、経済効率、労働生産性の向上、製品の改良、競争力の向上をもたらすが、ベトナムを含む多くの国で何百万人もの雇用が影響を受けるため、大きな労働問題になることは間違いないでしょう。

このトピックは、5月11日にハノイで開催されたデジタル時代の人材育成に関するAPEC 2017高等政策対話で調査されたものです。

国際労働機関(ILO)の労働専門家であるフー・フイン氏によると、APEC加盟国は例外なく、4IIRによって労働市場に劇的な影響を与えられるでしょう。技術は徐々に生産プロセスに浸食してゆき、ロボットによる自動化、人工知能、インターネット接続、3D印刷技術などの労働市場の構造を変えていきます。

実際、インターネットを使用している人口の割合は過去15年間で急激に増加しています。 2000年には、ベトナムにおけるインターネットにアクセスする人口の割合は小さかったが、ILOのデータによると、2015年には55%以上に急増しました。

日本、韓国、カナダなどの先進国においては95%まで達しています。さらに、生産における自動化のスピードが急速に高まっています。

ベトナムは、中国に次いで自動化の影響を最も受けている国のひとつであり、具体的には70%近くの職種に影響を与えるとILOは述べています。

ILOが最近発表した報告書によると、ベトナムの繊維衣類や皮革靴の労働者の86%、電子産業の従業員の75%が自動化の猛攻撃に直面するとされています。これらは今日、ベトナムで最も労働力が集中している部門です。

ベトナムは、他の近隣諸国と同様に、現時点においては、職場における技術の影響を目にするまでには至っていません。これは主に、競争力によって人件費が安く抑えられていることと、技術への投資コストが比較的高いことによるものです。

しかし、ロボットの自動化などの技術革新は、繊維衣類、皮革靴、電気電子製品など、さまざまな産業に浸透しています。

女性と未熟労働者は、最も影響を受ける脆弱な存在になるだろう、とフー・フイン氏は述べました。

大手就職情報サービス会社のマネージングディレクターであるマイ氏は、求職者の英語力は常に雇用者の最重要課題であると述べています。

情報技術(IT)を例にとると、ITエンジニアを雇うという需要は膨大であり、量と質の両方において現在は供給が満たされていません。市場は一般的に労働者、特に外国語に堪能な熟練者が不足しています。

「ITエンジニアは外国語に長けていることが非常に必要となるため、多くの外国企業は専門知識よりも英語の熟練度を優先させるよう採用要件を変更した。」とマイ氏は言います。

加えて、ベトナムがASEAN経済共同体(AEC)に正式に加盟したことで、特に中〜高レベルの人的資源の中で「頭脳の流出」が高まると見られています。さらに、ITや会計監査のようないくつかの分野を得意とする人材は、他の地域の企業においても良い機会を得ることができるでしょう。

ベトナムの人材紹介会社マネージャーであるキム氏は、「雇用の将来は、必ずしも人と機械のトレードオフ、交換可能ではない。デジタル時代の発展は、政府がより多くの雇用を創出するチャンスだ。」と考えています。

ベトナムの人材紹介会社で就職・転職する(リンク:キャリアリンクベトナム)

キム氏によると、技術は、労働市場における現在の問題を解決するのに役立つ新しいモデルの出現を促進しています。例えばUber、Lyft、Airbnb、Grabのようなテクノロジーベンチャーの創設を通じて作られた数千の短期雇用、ギグ経済の誕生などです。

キム氏は「肯定的な側面だと捉え、新技術の急速な発展と人間の知性を組み合わせれば、私たちの世界をより豊かにするだろう。」と言います。

キム氏は言います。機会を捉え、デジタル技術の悪影響を軽減するためには、人材の能力を適切に向上させることが不可欠である。ただし、そのためには、訓練と再訓練、技術や知識の追加と更新に至るまで、永続的な努力、豊富な投資と人材育成戦略が必要だ。と。

オリエンテーションやAECにおける労働移動の促進など、企業におけるスタッフのトレーニング方針だけでなく、指導を支援するための規制を提案します。

マクロレベルにおいては、ILOのフイン氏によれば、APEC加盟国が共同研究を行い、知識を共有し、雇用市場指標を監視すべきであり、同時に、政策立案者、企業、教育機関間の緊密な調整が必要です。

日本のJFEスチールは、ベトナムのアグリコと合弁会社を設立

日本の製鉄会社JFEスチールは、ハノイを拠点とする機械化電化建設会社(Agrimeco)と50:50の合弁会社を設立したことを2月23日に発表しました。

新会社Agrimeco&JFE Steel Products Co Ltdは登録資本金200万ドルを誇り、JFEスチールがベトナムの建設・鉄鋼加工会社と共同設立した最初の合弁会社です。

JFEホールディングス部は、「建設資材の国内需要は、国(ベトナム)が積極的に道路、鉄道などの輸送インフラや発電所を拡張することで、安定した需要を見込める」と述べました。

アグリコは、水力発電所や鋼製の高層ビルを建設し、建設資材を加工します。 JVの事業は、アグリコの培った地域に根差したビジネスとJFEスチールの技術開発とバリューエンジニアリングとバリュー分析の能力を活用します。

Agrimeco&JFE Steel Productsは、ベトナムに多額の投資をしてきたJFEグループの最新のイニシアチブであり、日本以外のインフラ関連の建設資材へ取引を拡大する予定です。

合弁会社は、今後、2016年8月に設立した鉄鋼業システム設計者および供給業者であるGecoss Vietnam Co Ltdと、JFE商事による冷間圧延鋼材メーカーTon Dong Aの未公開買収を進める予定です。

「JFEスチールは、ベトナムの子会社J-Spiral Steel Pipe Co LtdやGecoss Vietnamを含むJFEグループの多様な先進技術を活用して、東南アジアにおけるインフラ整備に貢献しています。」と日本企業担当者は言いました。

日本は現在、韓国に続いてベトナムで第2位のFDI投資家であり、外国人投資庁(FIA)によると、日本企業は製造業を中心に合計42.49億ドル相当、3,240件以上のプロジェクトに投資していると述べました。

APEC 2018に招待されるトランプ氏

ピーター・オニール首相は11月にドナルド・トランプ大統領とベトナムで会合し、来年のAPECのためにパプアニューギニアに招待する見込みです。

クリストファー・ホーキンスAPEC PNG最高経営責任者(CEO)は、昨日、来年11月のAPEC首脳会議(APEC Summit)で最大のAPEC参加者がPNGに参加すると発表しました。

ホーキンス氏は昨日、ポートモレスビーで開催されたAPEC PNG安全保障パートナーシップとオブザーバー会議において、オニールl氏はベトナムのAPEC会議でトランプ大統領を会う際に個人的にトランプ大統領を招くことになると語りました。

トランプ氏はベトナムのダナンで開催されるAPEC首脳会議に出席する予定です。

ホーキンス氏は、「すべてのAPEC参加国が出席し、すべて確認され、ほぼ確定した。」と述べました。

「私たちの総理大臣は、11月にベトナムでトランプ大統領と会う予定です。APECについて議論する予定で、来年11月にトリンプ大統領がパプアニューギニアを訪問するために総理大臣が招待状を個人的に拡張することを彼らは楽しみにしています。」

「APECの共有ビジョンのための強力な共同行動」は、2017年APEC首脳会議の準備のための取り組みを議論するため、ベトナム外務省によって2015年12月17日にハノイで開催されました。

2017年4月13日にハノイで開催された第4回APEC会議において、副首相であり、外務大臣であるファム・ビン・ミン氏は、2017年と2018年の首脳会議の主催国であるペルー、パプアニューギニアなど他のAPEC加盟国との調整を各省庁に指示しました。

これはオニール氏がトランプ大統領やAPECの経済指導者と会う予定であると目されている場所です。

APECの食糧と新農業技術に関する展示会

カントー市のメコンデルタ州でアジア太平洋経済協力(APEC)フォーラムにおけるAPECの食糧と新農業技術に関する展示会が公式開催されました。

このイベントは、APEC 2017食糧安全保障週間の活動の一環として行われ、気候変動に対応した食糧安全保障と持続可能な農業の強化に関する高等政策対話が話し合われました。

今回の展示会では、日本の緑茶、オーストラリアの穀類、米国の牛乳などAPEC 6か国の特別農産物を含む18のブースが展示されています。

ベトナムからは、現在ベトナムで使用されている気候変動に対応した知的技術に関する情報とともに、米からトウモロコシ、高収穫の果物、農業生産のための機械と設備のモデルを含む8つのブースが出展されています。

カントー市人民委員会のダオ・アイン・ズン副主席は開会式で、この展示会は、APEC加盟国が農業生産における科学技術応用を促進し、農業生産性を高め、食糧と栄養の安全を確保するための協力を強化するとともに、経験を交換し、共有する機会を提供するものだ、と述べました。

また、近年、メコン川デルタ地域では多くのプログラムやプロジェクトが実施されており、農民が生産性と品質を向上させ、農家の収入を向上させ、気候変動への対応を支援する技術的解決策を持続的に生産し、同時に適用できるよう支援している、と強調しました。

同日、ベトナム農業省農村開発省(MARD)とオーストラリア国際農業研究センター(ACIAR)は農業研究協力に対する長期的な取り組みについての意向書を締結した。

この手紙には、ルクック・ドアン農業農村開発副大臣とACIARの国別プログラムのゼネラルマネージャであるピーター・ホーン博士が署名をしました。

調印式において、ピーター・ホーン博士は、両国の協力のための新たな戦略を策定する過程で、ベトナムのパートナーの積極的な参加を評価しました。また、新しい戦略は、オーストラリアとベトナムが平等なパートナーシップで働くためのロードマップを提供するのに役立つだろう、と彼は付け加えました。

ホーン博士は、協力的農業研究のための今後10年間の枠組みの下で両国が相互に貢献し、経済成長、安全保障、革新に利益をもたらすことを望みました。

計画では、ACIARは6つの研究領域(食品安全、気候変動、土壌肥沃度と作物効率の向上、市場価値の向上、森林価値の向上、養殖)の下で農業開発のための障害に対処するため、ベトナムを支援継続するMARDや他のパートナーと協力することになっています。

ACIARは、オーストラリア政府の開発援助プログラムの一環であるオーストラリア国際農業研究センターであり、途上国が貧困を削減し、持続可能な発展を達成するのを助ける役目を持っています。

反腐敗行為防止対策強化を誓うAPECの法執行機関

APEC加盟21カ国の汚職防止当局と法執行機関は、ホーチミン市で開催されたAPEC第3回高級実務者会合(SOM3)におけるワークショップで、マネー・ローンダリングと贈賄防止対策を強化することを誓いました。

APEC腐敗行為防止当局・法執行機関ネットワークの第4回会合において、80名の代表者は、「腐敗は社会の完全性と公平性を侵害し、政府の説明責任と公衆の信頼を損ない、健全な経済成長を妨げている」と合意しました。

政府副検査官であるグエン・ヴァン・タイン氏は、「資金洗浄、盗難資産の回収、贈収賄訴訟、逃亡者送還、国際的な非公式協力などの国際協力を促進するためには、より大きな協力が必要です。」と発言しました。

「この会合での審議は、法執行機関間の直接的なつながりを促進し、情報交換、相互法的援助、犯罪捜査、資産回収、腐敗事件の共同調査のための国際協力の基盤を構築すると信じています。」と語りました。

同氏は、ベトナムの腐敗が、資源の損失をもたらし、公共投資の効率を低下させ、投資家の信頼を破壊し、国家の競争力を弱めると指摘しました。

ペルーの高等腐敗防止委員会の報告によると、例えば、APEC加盟国であるペルーは、国際協力を強化し、世界の腐敗防止活動に参加することによって、腐敗と戦う上で大きな進展を見せています。

同報告は「汚職は、ロンダリングやテロ資金を招く主な脅威と脆弱性の一つです。」としています。

ロシア連邦調査委員会のデニス・クネフ会長は、「アジア太平洋地域の加盟国間において、腐敗との戦いに対する強いコミットメントと協力が期待されます。」と述べました。

クネフ氏はベトナム通信に「会議は、加盟国が、マネー・ローンダリングの対策や腐敗事件における資産回収の際に、法執行機関が直面する課題について話し合う機会を提供しました。ロシアの捜査訓練に有用な反腐敗に関する有益な情報がたくさんありました。」と語りました。

腐敗行為防止当局・法執行機関ネットワークは、2013年にインドネシアで行なわれた第17回APEC腐敗防止・透明性ワーキンググループ会議で設立されました。

2014年に中国で最初の会議が開催されたこのネットワークは、捜査と腐敗、贈収賄、マネーロンダリング、違法貿易の訴追、その犯行の特定と返還を担当する機関間の非公式を含む、国境を越えた協力を強化することを目的としています。

土曜日に、腐敗防止と透明性ワーキンググループのパスファインダー対話IVが開催されました。森林貿易を扱う税関の事務所による違法伐採や腐敗防止活動の推進役としての汚職が議論された主な話題でした。

対話は、資産没収技術、プロトコル、および効果的な国際協力と相互法的支援のベストプラクティス(野生生物の密売を検出し、破壊する方法)を使用し、野生生物の密売やマネーロンダリング防止に焦点を当て、8月20日に再開されます。

腐敗の要因分析と対策における国際協力(リンク:JICA)

8月19日の朝、ホーチミン市で開催された、APEC腐敗行為防止当局・法執行機関ネットワークの会合において、APECメンバーは、他の汚職活動を含むマネー・ローンダリングや贈収賄事件に対抗するため、国境を越えた取り組みを強化していると述べました。

21のAPEC加盟国による80名の代表者が、贈収賄事件、逃亡者の送還、盗難資産の回収における国際協力を改善する方法について話し合いました。

贈収賄および進行中の訴追事件における非公式かつ正式に国境を越えた協力に関する段階的な指導書(ステップバイステップガイド)は、腐敗を抑制するAPECの取り組みの一部でもあります。

APECの腐敗防止局と法執行機関のネットワークの第1回会合は2014年に中国で開催されました。

午後、APEC腐敗防止透明性ワーキンググループ(ACTWG)のメンバーは、今開催されているAPEC第3回高級実務者会合(SOM3)で会合を開催します。

ベトナムのAPEC 2017で決定されるTPPの運命

ダーウィン・セリ・ムスタメア・モハメド貿易産業相は、「チャンネル・ニュース・アジアのアジアビジネスファースト・フォーラムに取り組む際、TPPはマレーシアだけでなく世界全体に新たな成長をもたらすだろう」と述べました。

クアラルンプール:環太平洋戦略的経済連携協定のグループ化の展望については、11月にベトナムでAPEC首脳サミットの際に決定される予定です。

ダーウィン・セリ・ムスタメア・モハメド国際貿易産業大臣は、マレーシアは、TPP協定を米国なしで発効させる選択肢はまだ残っていると述べました。

残りのメンバーは、オーストラリア、ブルネイ、カナダ、チリ、日本、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、シンガポール、ベトナムです。

「TPPは、マレーシアだけでなく世界全体へのさらなる成長をもたらしただろう。」とチャネル・ニュース・アジアのアジアビジネスファースト・フォーラムに参加した際、彼は述べました。

TPPの経験は、貿易相手国との地域および二国間協定を追求するマレーシアの決意を強化しました。

「TPPがバランスを取りながら、地域包括経済パートナーシップ(RCEP)の成功した結論は、地域における将来の貿易と成長にとって重要である」と述べました。

マレーシアの成功の鍵について、ムスタメア氏は、現在、同国は純輸出国であり、世界的に競争の激しい多くの企業を生産していることだ、と述べました。

第2四半期末には、海外への直接投資は5,570億リンギットの外国直接投資と比較して5,540億リンギットとなりました。

多様化した経済・輸出構造とインフラに焦点を当てることは、国内の事業に役立ちました。

「マレーシアは、7年前の変革の旅に着手して以来、開発計画とKPIを通じて計画的な計画立案プロセスと執行機械を持っているため、成功しています。」

肯定的な話題にもかかわらず、マレーシアは難題を視野に入れてハードとソフトのインフラストラクチャを改善し続けます。

デジタル自由貿易圏の設立は、デジタル経済を受け入れるためのコミットメントの1つです。

ベトナムの米生産、輸出に関心のあるAPEC関係者

8月24日、アジア太平洋経済協力会議(APEC)加盟国の関係者らは、カントーに拠点を置くクーロン(メコン)デルタ稲作研究所(CLRRI)とチュン・アン・ハイテク・ファーミングJSCへの事実調査の際、ベトナムの米生産と輸出に特別な関心を示しました。

ニンキュー地区にあるCLRRIにおいて、視察団は、米研究の一専門機関である同研究所の運営について説明を受けました。

同研究所は、全国的に認可を受けた77品種を含む180種類以上の新種の米を発表した。CLRRIのタン・ゴック・タック部長は、約25の新しいソリューションが開発され、農家に移管されたと付け加えました。

食糧安全保障、貧困削減、気候変動への適応と緩和の観点から、国際稲作研究所、国連開発基金、世界銀行、国連食糧農業機関など世界中の数多くの組織や大学と協力してきました。

タック氏によると、同研究所は将来的に効率的で気候が安定した米生産システムに移行することを目指しているといいます。

一方、チュン・アン・ハイテク・ファーミングJSCには2万ヘクタールの水田があり、毎年40万トンの適正農業規範と有機基準を満たす米を生産しています。

同社の主要な米輸出市場には、米国、マレーシア、フィリピン、シンガポール、中国、イラン、イラク、ドイツ、イタリア、フランス、オーストラリアなどがあります。

米国代表団のジェラルド・ハーバート・スミス氏は、ベトナムのメコンデルタ地域、特に低地の水田では水や塩分のレベルが上昇することが最大の課題であり、研究者や科学者に悪影響を緩和する方法を求めていると述べました。

同氏は、収穫後の損失は、米国とベトナムの農業省と農村開発省が共同研究と科学的協力を行って削減する最善の方法を模索していると補足しました。

そして、気候変動の中で米作物以外の水産養殖のような他の生産モデルを実施するというCLRRIの計画を歓迎しました。

農業・農村開発省によると、メコンデルタ地域では、2016?2017年の冬春の稲作で、2015?2016年の同時期から188,375トン増加し、10.259百万トンの収穫をしています。

作付面積としては、前回の冬春の稲作と比較して22,630ヘクタール減の1.5百万ヘクタールとなり、平均生産量は1ヘクタールあたり6.7トンとなりました。

同省は、2017年の残りの期間については、不利な気象条件や干ばつ、生理食塩水の侵入などの気候変動の影響については、対処するための徹底的な措置を講じると述べました。

また、この地域は、2017年の夏-秋の稲作で1.6百万ヘクタール以上の米を生産し、2016年の夏-秋の稲作に対して約437,000トン増となる推定生産量9.45百万トンに達すると見込んでいます。

OM 6976、OM 2517、OM 5629などのような干ばつや塩分に強い品種が使用される予定です。