ベトナムの米生産、輸出に関心のあるAPEC関係者

8月24日、アジア太平洋経済協力会議(APEC)加盟国の関係者らは、カントーに拠点を置くクーロン(メコン)デルタ稲作研究所(CLRRI)とチュン・アン・ハイテク・ファーミングJSCへの事実調査の際、ベトナムの米生産と輸出に特別な関心を示しました。

ニンキュー地区にあるCLRRIにおいて、視察団は、米研究の一専門機関である同研究所の運営について説明を受けました。

同研究所は、全国的に認可を受けた77品種を含む180種類以上の新種の米を発表した。CLRRIのタン・ゴック・タック部長は、約25の新しいソリューションが開発され、農家に移管されたと付け加えました。

食糧安全保障、貧困削減、気候変動への適応と緩和の観点から、国際稲作研究所、国連開発基金、世界銀行、国連食糧農業機関など世界中の数多くの組織や大学と協力してきました。

タック氏によると、同研究所は将来的に効率的で気候が安定した米生産システムに移行することを目指しているといいます。

一方、チュン・アン・ハイテク・ファーミングJSCには2万ヘクタールの水田があり、毎年40万トンの適正農業規範と有機基準を満たす米を生産しています。

同社の主要な米輸出市場には、米国、マレーシア、フィリピン、シンガポール、中国、イラン、イラク、ドイツ、イタリア、フランス、オーストラリアなどがあります。

米国代表団のジェラルド・ハーバート・スミス氏は、ベトナムのメコンデルタ地域、特に低地の水田では水や塩分のレベルが上昇することが最大の課題であり、研究者や科学者に悪影響を緩和する方法を求めていると述べました。

同氏は、収穫後の損失は、米国とベトナムの農業省と農村開発省が共同研究と科学的協力を行って削減する最善の方法を模索していると補足しました。

そして、気候変動の中で米作物以外の水産養殖のような他の生産モデルを実施するというCLRRIの計画を歓迎しました。

農業・農村開発省によると、メコンデルタ地域では、2016?2017年の冬春の稲作で、2015?2016年の同時期から188,375トン増加し、10.259百万トンの収穫をしています。

作付面積としては、前回の冬春の稲作と比較して22,630ヘクタール減の1.5百万ヘクタールとなり、平均生産量は1ヘクタールあたり6.7トンとなりました。

同省は、2017年の残りの期間については、不利な気象条件や干ばつ、生理食塩水の侵入などの気候変動の影響については、対処するための徹底的な措置を講じると述べました。

また、この地域は、2017年の夏-秋の稲作で1.6百万ヘクタール以上の米を生産し、2016年の夏-秋の稲作に対して約437,000トン増となる推定生産量9.45百万トンに達すると見込んでいます。

OM 6976、OM 2517、OM 5629などのような干ばつや塩分に強い品種が使用される予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です