ベトナムのAPEC 2017で決定されるTPPの運命

ダーウィン・セリ・ムスタメア・モハメド貿易産業相は、「チャンネル・ニュース・アジアのアジアビジネスファースト・フォーラムに取り組む際、TPPはマレーシアだけでなく世界全体に新たな成長をもたらすだろう」と述べました。

クアラルンプール:環太平洋戦略的経済連携協定のグループ化の展望については、11月にベトナムでAPEC首脳サミットの際に決定される予定です。

ダーウィン・セリ・ムスタメア・モハメド国際貿易産業大臣は、マレーシアは、TPP協定を米国なしで発効させる選択肢はまだ残っていると述べました。

残りのメンバーは、オーストラリア、ブルネイ、カナダ、チリ、日本、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、シンガポール、ベトナムです。

「TPPは、マレーシアだけでなく世界全体へのさらなる成長をもたらしただろう。」とチャネル・ニュース・アジアのアジアビジネスファースト・フォーラムに参加した際、彼は述べました。

TPPの経験は、貿易相手国との地域および二国間協定を追求するマレーシアの決意を強化しました。

「TPPがバランスを取りながら、地域包括経済パートナーシップ(RCEP)の成功した結論は、地域における将来の貿易と成長にとって重要である」と述べました。

マレーシアの成功の鍵について、ムスタメア氏は、現在、同国は純輸出国であり、世界的に競争の激しい多くの企業を生産していることだ、と述べました。

第2四半期末には、海外への直接投資は5,570億リンギットの外国直接投資と比較して5,540億リンギットとなりました。

多様化した経済・輸出構造とインフラに焦点を当てることは、国内の事業に役立ちました。

「マレーシアは、7年前の変革の旅に着手して以来、開発計画とKPIを通じて計画的な計画立案プロセスと執行機械を持っているため、成功しています。」

肯定的な話題にもかかわらず、マレーシアは難題を視野に入れてハードとソフトのインフラストラクチャを改善し続けます。

デジタル自由貿易圏の設立は、デジタル経済を受け入れるためのコミットメントの1つです。

カテゴリー: TPPタグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です