APECの食糧と新農業技術に関する展示会

カントー市のメコンデルタ州でアジア太平洋経済協力(APEC)フォーラムにおけるAPECの食糧と新農業技術に関する展示会が公式開催されました。

このイベントは、APEC 2017食糧安全保障週間の活動の一環として行われ、気候変動に対応した食糧安全保障と持続可能な農業の強化に関する高等政策対話が話し合われました。

今回の展示会では、日本の緑茶、オーストラリアの穀類、米国の牛乳などAPEC 6か国の特別農産物を含む18のブースが展示されています。

ベトナムからは、現在ベトナムで使用されている気候変動に対応した知的技術に関する情報とともに、米からトウモロコシ、高収穫の果物、農業生産のための機械と設備のモデルを含む8つのブースが出展されています。

カントー市人民委員会のダオ・アイン・ズン副主席は開会式で、この展示会は、APEC加盟国が農業生産における科学技術応用を促進し、農業生産性を高め、食糧と栄養の安全を確保するための協力を強化するとともに、経験を交換し、共有する機会を提供するものだ、と述べました。

また、近年、メコン川デルタ地域では多くのプログラムやプロジェクトが実施されており、農民が生産性と品質を向上させ、農家の収入を向上させ、気候変動への対応を支援する技術的解決策を持続的に生産し、同時に適用できるよう支援している、と強調しました。

同日、ベトナム農業省農村開発省(MARD)とオーストラリア国際農業研究センター(ACIAR)は農業研究協力に対する長期的な取り組みについての意向書を締結した。

この手紙には、ルクック・ドアン農業農村開発副大臣とACIARの国別プログラムのゼネラルマネージャであるピーター・ホーン博士が署名をしました。

調印式において、ピーター・ホーン博士は、両国の協力のための新たな戦略を策定する過程で、ベトナムのパートナーの積極的な参加を評価しました。また、新しい戦略は、オーストラリアとベトナムが平等なパートナーシップで働くためのロードマップを提供するのに役立つだろう、と彼は付け加えました。

ホーン博士は、協力的農業研究のための今後10年間の枠組みの下で両国が相互に貢献し、経済成長、安全保障、革新に利益をもたらすことを望みました。

計画では、ACIARは6つの研究領域(食品安全、気候変動、土壌肥沃度と作物効率の向上、市場価値の向上、森林価値の向上、養殖)の下で農業開発のための障害に対処するため、ベトナムを支援継続するMARDや他のパートナーと協力することになっています。

ACIARは、オーストラリア政府の開発援助プログラムの一環であるオーストラリア国際農業研究センターであり、途上国が貧困を削減し、持続可能な発展を達成するのを助ける役目を持っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です