APEC 2018に招待されるトランプ氏

ピーター・オニール首相は11月にドナルド・トランプ大統領とベトナムで会合し、来年のAPECのためにパプアニューギニアに招待する見込みです。

クリストファー・ホーキンスAPEC PNG最高経営責任者(CEO)は、昨日、来年11月のAPEC首脳会議(APEC Summit)で最大のAPEC参加者がPNGに参加すると発表しました。

ホーキンス氏は昨日、ポートモレスビーで開催されたAPEC PNG安全保障パートナーシップとオブザーバー会議において、オニールl氏はベトナムのAPEC会議でトランプ大統領を会う際に個人的にトランプ大統領を招くことになると語りました。

トランプ氏はベトナムのダナンで開催されるAPEC首脳会議に出席する予定です。

ホーキンス氏は、「すべてのAPEC参加国が出席し、すべて確認され、ほぼ確定した。」と述べました。

「私たちの総理大臣は、11月にベトナムでトランプ大統領と会う予定です。APECについて議論する予定で、来年11月にトリンプ大統領がパプアニューギニアを訪問するために総理大臣が招待状を個人的に拡張することを彼らは楽しみにしています。」

「APECの共有ビジョンのための強力な共同行動」は、2017年APEC首脳会議の準備のための取り組みを議論するため、ベトナム外務省によって2015年12月17日にハノイで開催されました。

2017年4月13日にハノイで開催された第4回APEC会議において、副首相であり、外務大臣であるファム・ビン・ミン氏は、2017年と2018年の首脳会議の主催国であるペルー、パプアニューギニアなど他のAPEC加盟国との調整を各省庁に指示しました。

これはオニール氏がトランプ大統領やAPECの経済指導者と会う予定であると目されている場所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です